JAグループ栃木

JAの自己改革の取り組み


 平成26年6月24日に、「農林水産業・地域の活力創造プラン(改訂版)」が閣議決定されました。同プランについては、農業の成長産業化を図り農業・農村全体の所得を今後10年で倍増することを目標に、平成25年12月10日に決定されましたが、今回の改訂では、「規制改革実施計画」(平成26年6月24日)での農業分野での改革計画に基づき、農協・農業委員会・農業生産法人の改革が盛り込まれました。

 しかしながらこの改革についての提言は、農業の成長産業化等を図る上で、本当に有益なものでしょうか。
 JAグループ栃木では、この提言に対して、独自の検討機関「JA改革検討委員会」を設置するとともに、広く組合員の理解を図るためのパンフレットを作成しました。
 あわせて、JAグループが今後5年間で自ら取り組む改革の基本となる「営農・経済革新プラン」を取りまとめました。 ぜひ、内容を確認いただき、ご意見をいただきたいと思います。

JA改革検討委員会

ページトップへ

御意見等はこちらへ